Splatoon2:パラシェルターが強くなったその理由とは… 得意なルールとおススメギアパワー ~ブキ講座:傘編~

ハイどうもこんにちは、霧茶です!

今回はタイトルの通り、パラシェルター…通称「」が今作Splatoon2においてイカに強いのか、そして傘が得意とするルールと、相性が良いおススメのギアを皆さんにお伝えしたいと思います!

というわけで、気になる最初のテーマはコチラ!

なぜ傘は強くなったのか?

ランク9で解放される、今作から初登場となるシェルタータイプのブキであるパラシェルター。

発売当初は存在自体は公式で紹介されていたものの実装はされておらず、新ブキに期待が募るばかりでした。

しかし、いざ実装されてみるとかなり特殊な使い勝手とキルが得意とは言えないメインの性能から、決して強いブキとは言えないような評価でした。

しかし!

10月に行われたアップデートにより大幅な上方修正が施され、一気に評価が上がりました。

その理由となった変更点が、傘の開閉時間が短縮されたこと、そしてブラスターを除くシューター・マニューバ・スピナータイプの弾をガードした時の傘へのダメージが30%軽減したことです。

これによって傘の開閉が体感でもわかるほど早くなり、シューターを始めとした中距離での撃ちあいでも有利を取りやすくなりました!

さらに傘展開中の移動速度が約38%上昇したため、相対的に機動力も向上しています。

上記の強化によって、独特な使い勝手こそ健在ですが、使いこなせばS+でも十分に通用する性能になったといえるでしょう。

では、そんな評価急上昇中の傘は具体的にどう強いのか、ご紹介していきましょう。

傘の強みとは

このブキは、ワントリガーごとに直線状に密集した散弾を発射(合計最大90ダメージ)し、更に長押しで傘を前面に展開、正面からの攻撃を防ぐことができます。

また、展開中も長押しし続けることで傘部分を切り離して射出するパージができ、それに追従して攻め込んだり、敵の気を引いて攻め込む味方のサポートをしたりといった独特の戦略ができます。

傘の展開中やパージの際にはインクを消費してしまいますが、移動しながらスプラッシュシールドを展開・射出できるようなものなので、インク管理に気を付ければ鉄壁の立ち回りも可能です。

展開・パージした傘部分には30の接触ダメージが存在し、接近戦では傘を押し付けてからメインで留め、といった芸当も可能。

とはいえ傘部分にも耐久値が存在するため過信は禁物。破壊されたり、パージしてから復活まで6秒かかるので、特にパージは使いどころを良く見定めましょう

さて、新ブキ種ということもあり、メインは他のブキとは違った独特の性能を持つことが理解いただけたかと思います。

そんな傘が持っているサブウェポンはスプリンクラー、そしてスペシャルウェポンはアメフラシです。

これだけ見ると、傘でありながらインクの雨を降らせることに特化したネタチョイスに見えなくもありませんが、実際のところ非常に強力な構成だったりします。

メインの性能自体がスプラッシュシールドを常に持っているようなものなので、設置しておくだけで勝手に塗ってくれるスプリンクラーとの相性は非常に良好

さらに、シューターのように細かい塗りは苦手ながらも決して悪くは無い塗り性能を持つメインとスプリンクラーを併用することでアメフラシの回転率も良いのです。

自分からは攻め込みにくい傘ですが、アメフラシさえ貯まってしまえばコチラの物。

雨に乗じて攻め込み、スリップダメージを食らって逃げる相手を刈り取ってしまいましょう!

続いて、お次は傘の得意とするルールとテクニックについて。

傘が得意とするルールとテクニック

ここまで傘の強みを力説させていただきましたが、この強みをイカんなく発揮できるルールはなんなのか。

実のところ、使いこなしさえすれば傘はどのルールでも活躍できるポテンシャルを秘めています。

まずナワバリバトルでは、スプリンクラーを併用した塗り力とアメフラシで戦場をかく乱する能力に長けていることから非常に有効。

傘を展開することによって、遭遇戦でも簡単には落とされない防御力を持っていることも、得意とする理由の一つです。

次にガチエリア、ナワバリ同様、塗り力がそのまま有利に働くため有効です。

特に、ステージごとに効果的なスプリンクラーの設置場所や、アメフラシの発動タイミング等、知識や立ち回りがそのまま力となるので、動画などを見て参考にしましょう。

さらにガチヤグラ

スプラッシュシールドを常に展開できるようなものであるパラシェルターは、ヤグラに乗って傘を展開するだけでも非常に強力です。

余裕があれば一緒にスプリンクラーを設置しておいたり、ヤグラルートに添うようにアメフラシを発動すると、上手くいけば一人でもヤグラを運んでゆけることもあったりします。

おまけテクニックとして、スーパージャンプをしてから着地するまでに射撃ボタンを長押ししておくことで、傘を展開しながら着地するといった芸当も可能です。

着地狩り対策や、ヤグラに強引に着地して奪い取るといったこともできるので、やりすぎない程度に活用していきましょう。

最後にガチホコ

傘を展開することで味方のホコ持ちを守ったり、パージすることで道を切り開いたりと、このブキでしかできない芸当が可能です。

とはいえ、さすがに相手からの集中砲火を受け止めきれるほど耐久値があるわけでもないため、味方との息を合わせつつ、ここぞという場面で活かせるよう、常に立ち回りに気を配りましょう。

ちなみに、このブキは対物ダメージに補正があるのかホコバリアへのダメージが通りやすいため、最初のバリア割り合戦にも積極的に参加していきましょう!

もし割られそうになったら傘を展開すれば生き残れたりするので、最初は多少強気に行って構いません。

では最後に、パラシェルターを使う上で相性のいいギアをご紹介。

傘と相性の良いギア

ヒト移動速度アップ

傘は射撃時の移動速度が意外と速いため、このギアを積んでおくことでシューター対面での撃ちあいでもより有利に動くことができます。

目安としては、1.3(大1、小3)以上は欲しいところ。

機動力で圧倒したい人にお勧めです。


メインインク効率アップ

サブがスプリンクラーなこともあってとにかくメインの使用頻度が高いため、最低でも大1つ分は積んでおきたいのがコレ。

傘の展開やパージにもインクを消費するため、インク切れを起こしてしまいがちな人には必須とも言えるギアパワーです。


スペシャル増加量アップ

アメフラシの回転率を上げたい人にはコレ。

味方のサポートから自分の攻め込みの起点に、さらにはインク回復と、あるだけでかなり便利なので迷ったら大1でも入れておくと効果的です。

スプリンクラーも相まって、試合中に7回くらい発動できることも。


爆風ダメージ軽減相手インク影響軽減

傘を展開している姿はとても目立つため、敵からの集中攻撃を受けやすいです。

そんなときに生存率を上げるために積んでおきたいのが上記2つのギアパワー。

射撃中の移動速度が速いこともあって、安全靴は1.3以上入れておくと足を取られにくく効果的です。

ボム防御を積む際の目安としては、0.1でジェットパックの近爆風2発を、1.2積むことでクイックボムの直撃2発およびジェットパックの直撃を耐えることができます。


いかがでしたか?

この記事を読んで、パラシェルターの強さを少しでも知っていただければ幸いです。

それではここまで見てくださりありがとうございましたm(_ _)m

また次の記事でお会いしましょう!