Splatoon2:スプラトゥーンをこれから始める人にオススメする、序盤からやっておきたいこと【中編】〜初心者向け攻略〜

ハイどうもこんにちは、霧茶です!

今回も、前回に引き続きスプラトゥーンをこれから始める人に向けた、コレはやっておいて損は無いというオススメ情報をお伝えしていきます!

前回では、ヒーローモードサーモンランの二つのモードを紹介しました。

特にヒーローモードは、Splatoonの基本動作や操作性を掴むためにも是非やっておくべきだと、改めておススメします。

そんな上記二つのモードにはある共通点があります。

それは「どちらも対人戦ではない」という点です。

サーモンランだと味方をオンラインから集めての協力プレイはしますが、相手はやはり人ではなくCPUであるシャケですので、これも対人戦ではないのです。

なぜ、あえて最初に対人戦でないモードをお勧めしたのかというと、仮に最初から対人モードであるレギュラーマッチに飛び込んだ場合、こちらは操作性に慣れておらずにあたふたしている中、相手はゲームに慣れた実力者…なんてこともしばしば起こってしまうわけです。

対人ともなると実力の差が物を言うのはしょうがないですが、やはり負けるのは悔しいものです。

なので、負け続きで嫌になって辞めちゃうなんてことにならないよう、少しでも差を埋められるように上記二つのモードでしっかりと基本をモノにしてくださいね。

というわけで、今回のテーマはコチラ!

チケットを使おう!

さて、対人戦のモードと言えば、ご存じ「レギュラーマッチ」と、ランク10達成で解放される「ガチマッチ」、そしてガチマッチでウデマエB-達成によって解放される「リーグマッチ」(前作におけるタッグマッチ)ですね。

最初はもちろんランク1なのでレギュラーマッチをやっていくことになるのですが、おそらく前作経験者の人は最初からこのモードに潜って、ガチマッチやリーグマッチ、新たなるブキやギアを解放しようとランク上げに勤しむことかと思います。(私は発売初日にヒーローモードをクリアした上で勤しみました^^;)

そこで重要になってくるのが、前回の記事でも少し紹介したチケットです。

今作からの新要素であるこのチケットはヒーローモードやサーモンランの景品で手に入りますが、マップの「広場」初期地点からすぐ後ろにある「ロブのお店」でフードやドリンクを注文するために使います

その効果は20試合の間、

  • もらえるお金が増える
  • もらえるランク経験値が増える
  • もらえるギア経験値が増え、更に対応したギアパワーのかけらが付きやすくなる

の三種類。

この20試合を終えるまで、レギュラーマッチ(フェスマッチも同様)・ガチマッチ・リーグマッチでの勝敗にかかわらず、試合終了後にもらえる各経験値やお金にボーナスがかかるのです!

効果中にヒーローモードやサーモンランなど、上記マッチ以外のモードをプレイした場合でも効果は消えることはありませんが、更に注文しようとしても効果の重複はできずに上書きされてしまうので、しっかり使い切ってから再び注文してランクやお金をどんどん増やしましょう!

特にランクは前述しているように、ガチマッチ・リーグマッチ、スロットの多いギアや新ブキの解放条件でもありますので、ランク30(全てのブキが解放される)までは優先してチケットを使ってガンガン上げることをおススメします!


最後に、レギュラーマッチをやるにあたって私が個人的におススメするブキをご紹介します。

わかばシューター(通称:若葉)

おススメするもなにも初期ブキじゃねーか!?と思うかもしれませんが、若葉をただの初期ブキと侮るなかれ。

このブキは射程こそ短いもののメインの塗りの効率が格段に良く、サブはキルも狙える「スプラッシュボム」、スペシャルは味方全体を強化できる「インクアーマー」と比較的バランスの良い構成になっています。

敵と遭遇したらむやみに突撃せず、ボムでけん制しながら自分の有利な状況で戦うよう、そしてなるべくデスをしないよう心掛けることで、味方のサポートをしたり塗ポイントを多く稼ぐことができますよ!

立ち回りが上手くなると、ウデマエS+でも十分に通用するブキですので、ボムやスペシャルの使うタイミングを意識しながら強い若葉使いを目指してみてはいかがでしょう?


ここまで見ていただきありがとうございました。

次回はいよいよ後編となりますが、気になる内容はコチラ!

ギアはとりあえずコレを買っとけ!

ということで、次回はガチマッチでも後々重要になってくるギアの選び方や、序盤からスロット3のギアを購入する方法についてをお伝えする予定なので、是非チェックしてくださいね!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする